リフォームで出た廃材など不法投棄 建設 会社社長逮捕【熊本】 (21/08/24 12:25)
リフォームで出た廃材など不法投棄 建設 会社社長逮捕【熊本】 (21/08/24 12:25)
去年7月の豪雨で被害を受けた住宅のリフォームで出た廃材などを捨てた廃棄物処理法違反の疑いで多良木町の建設会社社長、橋詰佳範容疑者(45)が24日、逮捕されました。
警察によりますと、橋詰容疑者は去年6月から今年3月にかけて豪雨被害を受けた住宅のリフォームで出た廃材などを会社の土地に捨てた疑いです。
去年8月、「穴を掘って廃材を捨てている」と情報提供を受けた警察が一部を掘り起こしたところ、9トンを超える廃材が出てきたということです。
調べに対し橋詰容疑者は「廃棄物の処分費用を浮かせるため」と容疑を認めています。